妊娠中のタバコ
Google

タバコ(喫煙)は妊娠していなくても健康によくありません。
そのタバコを妊婦さんが吸うと妊娠・出産へ直接影響してしまいます。
妊婦さんが喫煙すると、流産・早産・死産・胎児の発育への影響・破水・異常出血・胎盤剥離・胎児の先天奇形、乳幼児突然死症候群など、さまざまな悪影響を引き起こす原因になります。
また、無事赤ちゃんを出産しても、赤ちゃんの発育がわるく、保育器に入れなければならなかったり、赤ちゃんの力でオッパイを吸うことができず点滴による治療などが必要になることもあります。
妊娠がわかった時点でタバコをやめることにより、先ほどあげた妊娠・出産時の異常を防ぐことができます。
また、タバコを長期的に吸っていた人は、なかなかタバコをやめられないと思いますが、これは意志が弱いせいではなく「ニコチン依存症」という、れっきとした病気です。
タバコをやめたくてもやめれない人は、禁煙プログラムを組んでいる病院もあるので、近くの病院で相談することをお勧めします。


Yahoo! JAPAN

百害あって一利なし、タバコはそう言われていますが、愛煙家にとっては必ずしもそうではないですよね。
気分がすっきりして、ストレスの解消になることもありますよね。
だけど、妊娠したらそうは言ってられません。赤ちゃんの成長を第一に考えてあげてください。
目標はあくまでも禁煙!
禁煙のチャンスは何と言っても、嗜好の変わるつわりの時期。自然とタバコを受け付けなくなった、という妊婦さんも多いですよ。
思いきって、灰皿やライターを捨てましょう。電子タバコスーパーシガレットなら健康的に禁煙ができます♪
※妊娠中の電子タバコのご使用は医師と相談の上御使用下さい。